灯争大戦:無神経な放逐

スポンサーリンク

無神経な放逐(Callous Dismissal)はカードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カード。

無神経な放逐の解説

「はっきりしたわ。あの連中は、私たちのことなど眼中にない。」
–ラヴィニア
引用:無神経な放逐(Callous Dismissal)のフレイバー・テキスト

無神経な放逐(Callous Dismissal)

カードギャラリーより引用

無神経な放逐(Callous Dismissal)は永遠衆の魔術師による魔法。

カード名で「無神経な」と訳されている「Callous」は「感情が硬化しているさま」や「心を動かされないさま」を示す。

フレイバー・テキストは、ラヴィニア(Lavinia)のコメントである。「あの連中(They)」とは、ニコル・ボーラス(Nicol Bolas)が送り込んできた「永遠衆の戦慄衆軍団」であると考えれば筋が通る。

ボーラスの真の狙いはラヴニカの征服にはない。戦慄衆軍団の役目はプレインズウォーカーの灯を収穫することで、ボーラスは古呪(The Elderspell)によって集積した灯によって神性を獲得しようとしているのだ。

以上を総合的に考慮すると、このカードは、ラヴニカ人には「心を動かされず」魔法的に「放逐」する永遠衆の魔術師の魔法と考えられる。



小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaには永遠衆の魔術師は登場しない。描写が割けなかっただけで、小説の行間には存在していると思われる。

無神経な放逐の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。