灯争大戦:永遠神ロナス

スポンサーリンク

永遠神ロナス(God-Eternal Rhonas)カードセット「灯争大戦」収録の伝説のクリーチャー・カードである。

永遠神ロナスの解説

永遠神ロナス(God-Eternal Rhonas)

データベースGathererより引用

永遠神ロナス(God-Eternal Rhonas)は灯争大戦のストーリー「第二幕九場(Act2, Scene9)」に属するカードとして紹介されている(WAR Story Scenes参照)。

アモンケット次元のかつての神ロナス(Rhonas)が永遠衆同様にラゾテプ装甲で覆われたアンデッドの「永遠神(God-Eternal)」と化した姿である。これら怪物化したアモンケットの神々は灯争大戦でのボーラスの秘密兵器であり、ボーラス自身によってコントロールされている(公式記事Bad News for the Heroes参照)。

次元橋(Planar Bridge)」からロナスら4永遠神が出現しラヴニカの戦闘はより激化していく。永遠神の中でもロナスは最初に活躍を見せるキャラクターである(しかし最初に見せ場があるということは…下記のネタバレ参照)。



灯争大戦のストーリー

第二幕第九場

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、ニッサ(Nissa)によって目覚めた「ヴィトゥ=ガジー(Vitu-Ghazi)」が「王神の立像(God-Pharaoh’s Statue)」を崩した後、ラヴニカに出現した4永遠神はヴィトゥ=ガジーを取り囲み、永遠神ロナスがヴィトゥ=ガジーの片腕を引き抜いて斃してしまう。
答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaの第二幕初め1、ゲートウォッチを初めとするプレインズウォーカーとラヴニカのギルドはアゾリウスのイスペリアの石像2に集結して態勢を立て直していた。そこに永遠神ロナスが戦慄衆を引き連れて攻撃してくる。小説で描かれる最初の永遠神とプレインズウォーカーとの大規模戦闘である。
答え合わせ(ネタバレ注意)
ロナスはギデオンの黒き剣で斃されるがこの戦闘で、読者に情報を提示してくれる。
情報1:永遠衆は灯を収穫すると自身も内部から燃焼して力尽きるが、永遠神は灯を収穫しても平気である。したがって、永遠衆1人はプレインズウォーカー1人分しか収穫できないのに対し、永遠神は収穫できる灯の数に制限がない。
情報2:ギデオンの能力である不死身性(invulnerability)は永遠神に対してでさえも有効であることを実演して読者に証明した。つまり、古呪(The Elderspell)でギデオンの灯は奪えない。

永遠神ロナスのトリビア

カードセット「灯争大戦」では5色の神話レアにそれぞれ1枚ずつ伝説の神クリーチャーが収録されている。赤はラヴニカ次元に属するが、その他の4色はアモンケット次元の永遠神である。

神話レアの伝説の神クリーチャー

永遠神ロナスの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 小説の第二幕とカードセットのそれは完全には対応していない
  2. ヴラスカに暗殺されたイスペリア自身