エルドレインの王権:ロビン・フッド

スポンサーリンク

カードセット「エルドレインの王権」「ロビン・フッド」モチーフのカードをまとめた。

小説「Throne of Eldraine: The Wildered Quest」



電子書籍:
楽天KOBO版Kindle版

エルドレインの王権のロビン・フッドの解説

イギリスのシャーウッドの森の義賊ロビン・フッドは弓の名手でアウトロー集団の頭目を務める架空の人物。

カードセット「エルドレインの王権」にはそのロビン・フッドと仲間たちをモチーフにしたカードが収録されている。森に住むこのアウトロー集団は、エルドレインの王権が描く「アーサー王伝説」と「おとぎ話」の中間くらいに位置しているように私には思える。

小説のロビン・フッド(ネタバレ注意)
小説「Throne of Eldraine: The Wildered Quest」には、エルドレイン版のロビン・フッドと仲間たちのような存在は登場していない。そもそもこの作品は往年のMTG小説の半分程度の文量しかなく、カードセットの主要ストーリーラインを抑えるだけでいっぱいで遊びは少ない。アウトロー集団のサブエピソードを挟む余裕などはなかったのだろう。



エルドレインの王権のロビン・フッド関連のカード

義賊(Robber of the Rich)

義賊(Robber of the Rich)

データベースGathererより引用

義賊(Robber of the Rich)はエルドレインの王権版のロビン・フッド(Robin Hood)その人である。

飛行クリーチャーをブロックできる「到達」能力は、弓による射撃や盗賊としての登攀技術の反映だろう。そして自分より手札の多い相手のライブラリーからカードを奪う機能は、富める者から盗む義賊的な性格の表現と言える。

当初のデザインでは、カードタイプがまさにロビン・フッドらしくなるように「伝説のクリーチャー – 人間・射手・ならず者」だったが、カード・タイプの行に納まりきれなかったために「伝説の」が削除された経緯がある(出典)。

荒くれたちの笑い声(Outlaws’ Merriment)

荒くれたちの笑い声(Outlaws' Merriment)

データベースGathererより引用

荒くれたちの笑い声(Outlaws’ Merriment)はエルドレイン版ロビン・フッドの仲間たちが次々と出てくるエンチャント・カードである。

カード名で「荒くれたち」と訳された「Outlaw」は「アウトロー、無法者、ならず者」のこと。「荒くれ」は「気性や振る舞いが荒々しいことやそういう人物」を意味する言葉のために意味合いにずれがある。

このカードが生成するクリーチャー・トークンは3種類あり、それぞれロビン・フッドの仲間の誰かをモチーフにしたような能力とイラストを持たされている。

人間・戦士トークン

エルドレインの王権の人間・戦士トークン

エルドレインの王権の
人間・戦士トークン
公式記事より引用

人間・戦士トークンの人物はクォータースタッフを振り上げた大男。ロビン・フッドの副官的キャラクター「リトル・ジョン(Little John)」がモチーフだろう。

荒くれたちの笑い声(Outlaws’ Merriment)のイラスト左寄りで顔に手を当ててあきれている。表情が隠れているせいであまり目立っていない。

人間・クレリック・トークン

エルドレインの王権の人間・クレリック・トークン

エルドレインの王権の
人間・クレリック・トークン
公式記事より引用

ロビン・フッドの仲間で聖職者と言えば「タック修道士(Friar Tuck)」がいる。人間・クレリック・トークンの人物はエルドレイン版タック修道士だろう。

荒くれたちの笑い声(Outlaws’ Merriment)のイラスト中央右寄りで腰かけている。人間・ならず者の人物と会話している。

実はカードセット「エルドレインの王権」で唯一のクレリック。

小説のクレリック(ネタバレ注意)
小説「Throne of Eldraine: The Wildered Quest」には、主人公の旅の仲間「治療師(Healer)」のセリーズ(Cerise)1が登場する。MTGでは治療師はゲーム的には「クレリック」としてカード化される倣いだが、先述の通りクレリック・カードは収録されていない。将来、セリーズがカード化されるなら初のエルドレインのクレリック・クリーチャー・カードとなるかもしれない。

人間・ならず者トークン

エルドレインの王権の人間・ならず者トークン

エルドレインの王権の
人間・ならず者トークン
公式記事より引用

人間・ならず者トークンの人物は投げナイフの女性。ロビン・フッドの仲間で女性キャラクターというと、ロビン・フッドの恋人「マリアン (Marian) 」が思い浮かぶ。

荒くれたちの笑い声(Outlaws’ Merriment)のイラスト中央左寄りで目立つ人物。人間・クレリックの男性と話している。

エルドレインの王権のロビン・フッドの関連記事

カードセット「エルドレインの王権」関連のリスト

カード紹介:エルドレインの王権
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「エルドレインの王権(Throne of Eldraine)」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 日本ウィザーズの連載記事では「Cerise」を「シーリス」と訳している。英語辞書的な発音は「セリーズ」「セリース」に近い音であり、英語人名で「シーリス」と発音する例は私には見つけられなかった。