灯争大戦:サムトの疾走

スポンサーリンク

サムトの疾走(Samut’s Sprint)カードセット「灯争大戦」収録のインスタント・カード。

サムトの疾走の解説

Samut’s war was intensely personal. Every hour she faced enemies she once loved as friends and horrors she once revered as gods.
サムトにとってこの大戦は個人的に辛いものになった。彼女は頻繁に遭遇し続けたのだ。今は敵となったかつての親しい友人たちと。今は化け物となったかつて崇拝した神々と。
引用:サムトの疾走(Samut’s Sprint)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

サムトの疾走(Samut's Sprint)

データベースGathererより引用

サムトの疾走(Samut’s Sprint)はプレインズウォーカー「サムト(Samut)」の名前を冠するカード。

イラストでは、サムトは垂直の壁をまるで地面のように疾走している。スピードと筋力に秀でる武術の達人らしい描写である。そして、背景には遠方に王神の立像(God-Pharaoh’s Statue)が見える。

フレイバー・テキストはサムトの苦悩が語られている。彼女の故郷はニコル・ボーラス(Nicol Bolas)によって破滅し、人々や生き物、神々までもアンデッドの永遠衆に変えられて襲ってくるのだ。



サムトの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でサムトが関係するカード

王神の立像の登場するカード

王神の立像(God-Pharaoh’s Statue)立像崩し(Topple the Statue)で倒壊する。カードセット「灯争大戦」のカードの中には、倒壊する前の起立した王神の立像が背景に描かれているものがある。

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでも、サムト(Samut)はこのカードのフレイバー・テキストとまさに同じ苦悩を味わうことになる。サムトはかつて知人であった永遠衆を屠るたびにその名前を呼び、解放されたことを告げていく。灯争大戦はサムトにとって鎮魂の戦いでもあった。

次元橋を停止するためアモンケット次元に突入して戦っている時には、サムトは涙を流しながらかつての同胞たちを倒していった。

ニコル・ボーラス(Nicol Bolas)が敗北すると、永遠衆は動きを止めたもののラヴニカの戦場跡にそのまま放置された。ラヴニカ人の復讐心と憎悪が残された永遠衆へと向かうことになるのは必然であった。このとき、サムトの気持ちを汲んだヤヤ・バラード(Jaya Ballard)チャンドラ・ナラー(Chandra Nalaar)を引っ張っていき2人の大火によって、永遠衆を焼き尽くし浄化する。こうしてアモンケットの生命の尊厳は守られるのだった。

サムトの疾走の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。