灯争大戦:死の芽吹き

スポンサーリンク

死の芽吹き(Deathsprout)はカードセット「灯争大戦」収録のインスタント・カード。

死の芽吹きの解説

「永遠に続くものなどないと言うが、私ならすべては永遠に続くと言うね。ただその形が、見知ったものではなくなるだけさ。」
–ヴラスカ
引用:死の芽吹き(Deathsprout)のフレイバー・テキスト

死の芽吹き(Deathsprout)

カードギャラリーより引用

死の芽吹き(Deathsprout)は遺骸を苗床にして芽吹く様子を描いている。

カードメカニズム上は、クリーチャーを破壊して、その代わりに土地カードを増やす機能がある

フレイバー・テキストのヴラスカ(Vraska)は、見知った形でなくなろうとも全てのものは永遠なるものだ、と語っている。

以上のメカニズムとフレイバー・テキストのどちらも、「腐敗と死の後に形を変えて再生する生命のサイクル」というゴルガリの哲学をよく押し出している。とはいえ、個人的には、このカードは灯争大戦のストーリーには特に関係がない、いつものゴルガリを描いたカードとしか評価のしようがない。



ヴラスカの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でヴラスカが関係するカード

死の芽吹きの関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。