灯争大戦:ヤヤの挨拶

スポンサーリンク

ヤヤの挨拶(Jaya’s Greeting)はカードセット「灯争大戦」収録のインスタント・カード。

ヤヤの挨拶の解説

「客人だって?だったら、伝統あるケラル砦流の歓迎をしてやらなくては失礼に当たるねえ。」
引用:ヤヤの挨拶(Jaya’s Greeting)のフレイバー・テキスト

ヤヤの挨拶(Jaya's Greeting)

カードギャラリーより引用

ヤヤの挨拶(Jaya’s Greeting)はプレインズウォーカー「ヤヤ(Jaya)」の名前を冠するカード。

火炎呪文を浴びせて永遠衆(戦慄衆?)1を吹き飛ばす老ヤヤ・バラード。これが伝統あるケラル砦流の歓迎だとうそぶく。

ここでイラストのヤヤが着けているゴーグルに注目したい(以下、このカードに関係ない脱線話)。この手のゴーグルはチャンドラ・ナラーがMTGに登場してヤヤのスタイルを受け継いで以来、紅蓮術師の定番スタイルとなって久しい。紅蓮術師たちは火炎の閃光から目を保護する遮光ゴーグルとして装着しているのだろう(あるいは伝説のヤヤへのリスペクトか)。

しかし、元々ヤヤはゴーグルなんてしていなかったという事実は、あまり知られていないのかもしれない。



ヤヤ・バラードと紅蓮術師のゴーグルの起源

特務魔道士ヤヤ・バラード(Jaya Ballard, Task Mage)

データベースGathererより引用

ヤヤのゴーグルの起源は、カードセット「時のらせん」でカード化した際に、イラストで装着したのが初めてになる。ドミナリア裂け目時代では、過酷な塩の嵐と乾燥を避けるため、目や口、肌などをゴーグルやマスクで守っているのが普通であったのだ(時のらせんブロックの各種カードで当時の人々の姿をご確認を)。つまりヤヤのゴーグルは紅蓮術師とは全く関係のないものだったのだ。2

ところが、マット・カヴォッタ(Matt Cavotta)の描いた「特務魔道士ヤヤ・バラード(Jaya Ballard, Task Mage)」のイラストは強い印象を刻み込んだ。いまやヤヤと言えば思い浮かべる姿はゴーグルなのだ。

カードセット「マジック・オリジン」ではヤヤのゴーグルは伝説のアーティファクト「紅蓮術師のゴーグル(Pyromancer’s Goggles)」としてカード化もされ、カードセット「ドミナリア」ではチャンドラがヤヤを見つけるキーアイテムにまでなった。時のらせんでイラストを描いたマット・カヴォッタも予想しなかったであろう。カードのイラストがキャラクターに与える影響はすごい。

ヤヤの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でヤヤが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaには、ヤヤ・バラードが「ケラル流の挨拶」をする場面はない。
ヤヤはチャンドラの導師役としての描写が目立つ。精神性だけでなく魔術においても先導者の風格を見せており、チャンドラの火炎魔法よりもヤヤのものはより精確である。

また、小説War of the Spark: Ravnicaではヤヤのゴーグルは言及されていない。その代わりこの作品で注記されているゴーグルはラル・ザレックのゴーグルである。

ヤヤの挨拶の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 永遠衆と戦慄衆の違いは灯争大戦:永遠衆と戦慄衆 を参照のこと
  2. プレビュー記事Jaya Ballard, Task Mageで、ヤヤの着衣がボロボロでゴーグルを見せびらかすようにしてるのは、時のらせんの過酷な環境のためと明記