灯争大戦:チャンドラの勝利

スポンサーリンク

チャンドラの勝利(Chandra’s Triumph)カードセット「灯争大戦」収録のインスタント・カードである。

チャンドラの勝利の解説

Her triumph came not from achieving her ideal self, but from rejecting the idea of perfection.
彼女の勝利は理想の自分の実現ではなく、完璧という考えの否定から得られた。
引用:チャンドラの勝利(Chandra’s Triumph)のフレイバー・テキスト
上が英語原文。下が和訳製品版

チャンドラの勝利(Chandra's Triumph)

データベースGathererより引用

チャンドラの勝利(Chandra’s Triumph)はプレインズウォーカー「チャンドラ(Chandra)」の名前を冠するカード。

イラスト正面には、笑みを浮かべたチャンドラ・ナラー(Chandra Nalaar)、彼女の背後では炎に取り巻かれたドビン・バーン(Dovin Baan)とドビンの飛行機械。チャンドラとドビンはカラデシュ・ブロックのストーリーから因縁がある敵同士である。

同じカードセット「灯争大戦」ではすでに別のカードで2人の対決する様子が描かれている。それがチャンドラの螺旋炎(Chandra’s Pyrohelix)ドビンの拒否権(Dovin’s Veto)だ。この戦いはチャンドラの勝利で決着した。

フレイバー・テキストによると、チャンドラの勝利は「完璧という考えの否定から得られた」というのだが、この「完璧という考え(the idea of perfection)」はまさにドビンの生き方であり理想である。



チャンドラの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でチャンドラが関係するカード

ドビンの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でドビンが関係するカード

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、新プラーフ(New Prahv)で「不滅の太陽(Immortal Sun)」を防衛するドビン・バーン(Dovin Baan)チャンドラ・ナラー(Chandra Nalaar)と仲間が攻め、そこで2人の戦いが発生した。チャンドラにはサヒーリ(Saheeli)とアゾリウスのラヴィニア(Lavinia)が同行した。

完璧を求めるドビンは敵の弱点や短所を分析し把握して、万全の構えでチャンドラたちを待ち構えていた。しかし、チャンドラが本人ではなく変装したディミーア家のラザーヴ(Lazav)であることまでは見抜けなかった。

ドビンは作戦にまんまとはめられ、偽物チャンドラの火炎を捌いて追い詰めていくが、その隙に本物のチャンドラが「不滅の太陽」の機能を停止してしまった。ドビンはラザーヴの投擲した手裏剣1によって失明してし、プレインズウォークでラヴニカからいずこかへと脱出していった。

チャンドラはドビンとの個人的な決闘に固執するよりも使命の遂行を優先したのだ。

チャンドラの勝利の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。
  1. 原文は「throwing stars」で、日本の忍者の手裏剣を指して用いられる言葉