灯争大戦:ビビアンのアーク弓

スポンサーリンク

ビビアンのアーク弓(Vivien’s Arkbow)カードセット「灯争大戦」収録の伝説のアーティファクト・カードである。

ビビアンのアーク弓の解説

ビビアンのアーク弓(Vivien's Arkbow)

データベースGathererより引用

ビビアンのアーク弓(Vivien’s Arkbow)は灯争大戦のストーリー「第二幕第一場(Act2, Scene1)」に属するカードとして紹介されている(WAR Story Scenes参照)。

このアーク弓はビビアン・リード(Vivien Reid)の故郷スカラ次元の最後の秘宝である。滅亡したスカラの動物が封じられており、緑色に発光する精霊体(スピリット)として呼び出すことができる。さらにビビアンは訪問した先の次元で捕らえた生物をアーク弓に封じることもできる。

アーク弓はビビアンのキャラクターを特徴づける最も目立つ要素であり、これまでもビビアンに関するカードにはアーク弓のイラストが描かれ、能力を反映した機能が持たされていた。今回が初の独立したカード化となる。

ちなみにカード名の「アーク(Ark)」とは旧約聖書のノアの「箱舟(Ark)」になぞらえたものである。ノアは箱舟に様々な動物を乗せて大洪水を生き延びた。



ビビアンの登場するカード

カードセット「灯争大戦」の中でビビアンが関係するカード

灯争大戦のストーリー

第二幕第一場

第二幕第一場でのプレインズウォーカー集合の情景は圧巻だが、注目のストーリーに指定されているカードはない。この第二幕第一場は登場人物の顔見せ的な意味合いが強いと思われる。

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでもビビアン・リード(Vivien Reid)はアーク弓の能力と射手の腕で活躍する。普通の弓として矢で射抜き、さらに加えて動物のスピリットが召喚されて永遠衆たちを倒していく。
アーク弓が呼び出した動物はほとんど数えられないほど多いとされる。その中で種類が言及されているのは大型のフクロウ、鷹、翼竜プロダクティル、スカラ狼、スカラ蜘蛛くらいである。

ビビアンのアーク弓の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。