灯争大戦:永遠の終焉

スポンサーリンク

永遠の終焉(Finale of Eternity)はカードセット「灯争大戦」収録のソーサリー・カード。

永遠の終焉の解説

恐怖で支配する者の最大の弱点は、恐れることをやめた者である。
引用:永遠の終焉(Finale of Eternity)のフレイバー・テキスト

永遠の終焉(Finale of Eternity)

カードギャラリーより引用

永遠の終焉(Finale of Eternity)リリアナ・ヴェス(Liliana Vess)ニコル・ボーラス(Nicol Bolas)に反抗した場面を象徴的に描いたカードである。

イラストは、ボーラスの城塞(Bolas’s Citadel)の最上段、顔をしかめたボーラスの眼前でリリアナはふわりと浮かぶ。

カードイラストを一部拡大

リリアナとボーラスの間で崩れかけているものは秘宝「鎖のヴェール(The Chain Veil)」。

カードイラストを一部拡大

ボーラスを裏切ったことで悪魔の契約の代償としてリリアナは命を失いつつある。彼女の両腕は肘から先が焼尽し始めている。これは裏切りの対価(Price of Betrayal)で描かれているものと同じだ。



灯争大戦の「終焉」サイクル

カードセット「灯争大戦」に収録されたカード名が「…の終焉(Finale of …)」であるカード群。白青黒赤緑の5色にそれぞれ1種類存在している。

「Finale」は辞書的には「フィナーレ、終局、終幕、大団円」くらいの意味合い。ところが、和訳名の「終焉」という言葉には「命の終わり、死を迎える」と言う含みがある。この閉塞感のある言葉選びが、ストーリーの行き着く先が暗く、行き詰っているような雰囲気を滲ませている。

実際小説を確認した後にサイクル全体を振り返ってみると、ボーラスに反抗するラヴニカ側にとって希望のある展開を描いたシーンばかりである。このサイクルのカード名に「終焉」はふさわしくないことが分かる。

このサイクルは、カード名がカードセット「破滅の刻」の注目ストーリーカード「…の刻(Hour of …)」に対応しているが、カード名だけで特にストーリー的な関係性は見られない。

小説War of the Spark: Ravnicaで答え合わせ

小説War of the Spark: Ravnicaでは実際どうだったのか?
(灯争大戦小説:AMAZON(電子書籍Kindle版あり) / 楽天(電子書籍Kobo版あり)

※ネタバレ※になる記述なので、小説を読む体験を損なう可能性があります。
テキストは折り畳まれています。表示する際には注意してください。

答え合わせ(ネタバレ注意)
小説War of the Spark: Ravnicaでは、「鎖のヴェール(The Chain Veil)」の破壊について言及はない。

さらに、ヴェールの件を除いたとしても、このカードとピタリと合致する状況は小説中では発生してはいない。

永遠の終焉の関連記事

カードセット「灯争大戦」関連のリスト

カード紹介:灯争大戦
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)のカードセット「灯争大戦」収録のカードの中からピックアップしてストーリーや設定を解説する。